「屋根や外壁の塗装って必要?」「塗装をするメリットは?」塗装をお考えの方の中にはこんな疑問をお持ちの方もいるのではないでしょうか。

塗装が必要な理由。それは、お住まいを「保護」するためです。
一言に「保護」と言ってもピンとこないかもしれません。たとえば、

  • 雨漏りしていて、天井に染みができています。
  • 外壁に藻やカビが発生してきました。
  • ひび割れが増えてきて、このままでいいのか不安になってきました。
  • 触ると手に白いものが付くようになりました。

このような現象が起きているということは、保護するための必要なメンテナンス時期が来ているという合図です。(メンテナンスの平均的な目安は10年~15年に1度です。)

外壁や屋根は、長年太陽の光や、雨、風にさらされており、大切にしてきても、年月の経過とともに劣化していきます。劣化のスピードは、新築時に屋根や外壁に塗装された塗膜の性能が落ちると加速します。

長く建物を維持したい場合は、塗膜の性能が落ちる前に定期的なメンテナンスを行う必要があります。

 屋根塗装のメリット


屋根の大きな役割のひとつとして『雨漏りを防ぐ』ということがあります。

屋根の塗り替えを行わなければ、塗膜が劣化し屋根も傷んでしまい、本来の役割を果たせなくなってしまいます。しかし、定期的な塗り替えを行うことで、防水性を高め、雨漏りの原因となるひび割れを防ぐことができます。それと同時に、屋根の腐食も防ぐことができるため、屋根の寿命を延ばすことにもつながるのです。

また、塗料には断熱効果があるものもありますので、そのような塗料を使うと真夏の暑さを和らげることができます。その結果、夏場のエアコンの費用を抑えて節電効果も期待できます。

外壁塗装のメリット


外壁塗装の一番のメリットは、やはり見た目が美しくなることです。

外壁は経年劣化で空気中のゴミや埃を掴みやすく汚れてしまうもの。外壁は人の目につきやすいことから、屋根以上にその汚れは目立ってしまいます。

また屋根同様、塗膜が劣化することで外壁本来の役割を果たせなくなり、ひび割れなどの原因にもつながります。定期的に外壁塗装を行うことは、外壁の素材を守り、色褪せた見た目を美しくするという点でとても大切です。

外壁の塗膜がしっかりしていると、防火効果や、ひび割れによる隙間風の予防効果だけでなく、外壁の耐久性も高めるというメリットもあり、塗料にシリコン系やフッ素系のものを使用することで、塗装から10年程度の耐久性が見込めます。また、断熱効果がある塗料を使用することで夏や冬の室内温度が快適になることもメリットです。
屋根と外壁は同時に塗装することで足場代が節約できたり、次回の塗装の時期も合わせやすくなったりとメリットも多いです。

また、外観が一新されることで、新築のようになることも嬉しいですよね。屋根や外壁は、汚れ具合や劣化の状態が目で見て分かるため、長い間塗装をしていないと建物も古ぼけて見えてしまいます。定期的に塗装を行い、美しい外観を維持すると同時に建物も守ってあげましょう。

 

失敗しないための業者選びのポイント

1.地域での施工実績のある業者を選ぶ

地域密着型であれば、市内やご近所に施工実績があるはずですし、地域に寄り添って活動していると単純に「地域に愛される会社になろう」とスローガンを掲げているはずです。また、契約するか分からないのに、会社訪問することに気が引ける方もいらっしゃるかと思いますが、そんな時は外から活動しているかな?と見に行くだけでも悪い業者には引っかかることは避けられると思います。

 

2.地域貢献の活動をしている業者を選ぶ

ボランティア活動や地域の掃除活動など何でもよいと思いますが、積極的な奉仕活動があるとより良いと思います。地域と関わるということは、この先を見据えていますので、お客様とも施工が終わっても、何かあれば駆けつける。といった末永いお付き合いを前提に活動していると思います。

3.中間マージンなし。自社職人の業者を選ぶ

大手ハウスメーカー・家電メーカーなどは下請け業者が施工します。大手なので保証面など安心できる部分もありますが、どんな下請け業者が施工するのか、工事が始まるまで分からず、お客様が事前に確認できることは難しいのではないかと思います。また、中間マージンが発生しますので、もし見積もり金額が相場より安いのであれば、そのしわ寄せは下請け業者に行っています。直接自社職人の業者に依頼する場合は、中間マージンもなくお見積金額はすべて施工内容のものだけとなります。

 

 

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。

 

良い塗装工事をするためには?

塗装をお考えの方へおすすめの塗装知識を集めました。参考になれば幸いです。

その他、塗装のこと何でもお答えしますのでお気軽に、下記フォームよりお問い合わせください。






    必須お名前
    必須メールアドレス
    必須電話番号
    必須ご住所
    必須お問い合わせ内容